37歳独身女性が彼氏の浮気をほっといて成功した話

37歳独身女性が彼氏の浮気をほっといて成功した話

37歳女性独身です。

私にはお付き合いして10年以上経つ彼氏がいます。

ある日お泊まりデートをしたのですが、トイレに起きた私は何となく彼の携帯を見てしまいました。

よくある話ですが、そこには他の女性とのやりとりがびっしり。

なんと彼女の家にまで遊びに行く中だったのです。

私は寝ている彼氏を叩き起こし、携帯を見たこと、そしてとても悲しい気持ちになったことを素直に表現しました。

彼は何も言わず、涙する私を慰めることで精いっぱいだったようです。

このことがあったのは付き合いを始めてから3年ほどたった頃だったと記憶しています。

実のところ私も彼の浮気相手から彼女になったので、いつかこんな時が来るような気もしていました。

因果応報というか、自分がした事は自分に帰ってくると思っていたのです。

だからかどうかわかりませんが、悲しい気持ちになったのは確かですが、それ以外の感情は一切湧かず、彼を責める気持ちも、相手の女性を突き止めたいという気持ちもお起こりませんでした。

携帯を見てしまったその後も私たちは今まで通りの付き合いを続けました。

なぜならその時の私は彼のことが大好きで、別れるという選択肢が思いつく余白など全くなかったのです。

また、彼に依存するタイプでもなかったので、仮に彼に女性がいても、自分が大切にしてもらえるならそれでも良いとさえ思っていました。

その気持ちは今も変わっていません。

それから10年以上の付き合いの中でも、度々彼に女性の影を感じたことはありましたが、結局自分がどうしたいかを考えた時に、どんな状況であっても彼と一緒にいたいという気持ちの方が強かったのでほっときました。

ここ数年は女性の影を感じることは全くありません。

むしろ私以上に彼が私と一緒にいる時間を求めているようにさえ感じます。

おそらくですが、どんな状況の時も揺るがず、自分のスタンスを変えずに彼のそばにい続けた私に対してある種の安らぎを感じているのかもしれません。

その証拠に出会った頃より今の方が「一緒にいると落ち着く」といったストレートな愛情表現や、私の仕事を応援してくれる控えめな助言をしてくれるようになり、1番いい時期を二人で過ごせています。

結局自分がどうしたいか、優先順位を決めて、たとえ恋人でも依存することなく目的を果たすという少しドライな視点が納得いく状況を勝ち取った秘訣じゃないかと思っています。