28際女性の嘘のような本当の恋愛戦略

28際女性の嘘のような本当の恋愛戦略

私は、世間から見て決して可愛くもなければ痩せているわけでもない普通の20代。

そん中、8歳上の彼に会ったのです。

きっかけは、ガスト。

今、自分でも笑ってしまうくらいおかしいであいでした。

モーニングで訪れた際に、たまたま隣にきた男性。

アスリートな雰囲気の要望に、今からジムなのかな?と思っていた程度。

彼が私に振り向くとは到底思えず、飲みかけたコーヒーを置いて立ち上がったときに、彼が一言。

「勿体無い」え?コーヒーを残した事?と思ったのと同時に、意外な一言に驚き頭がパニック。

私は、すいませんと言いそのコーヒーを飲み干したのです。

それがきっかけで私は彼と付き合いました。

しかし、彼の様子がおかしいと感じたの付き合って二ヶ月目のこと。

私に惚れた理由が、「もったいない」といったのがコーヒーではなく、私自身の容姿だったと伝えられたのです。

今更の告白に、ものすごく失礼だと思ったけど、事実だし彼とは別れたなくな冗談な顔で、わざと悲しいと言いました。

しかし、本当は、全否定された気分でした。

さらに追い討ちをかけたのは、彼が私の名前を間違えたこと。

そう、彼は、私以外の彼女とすでに付き合っており、私と付き合った翌日に。

その事実を知った私は、悲しみから怒りに変わり、それが原動力に。

彼が働いているジムに通い、彼以外の男性のトレーニングを受けたのです。

勿論、彼はそんな事をされるとも思っていないので、嫉妬心に目が覚めたのです。

私は、イヂワルな女です。

そう、全て私自身が彼を落とす戦略でした。

彼が、ガストなどで声をかけるのはよっtぽど自分に自身がないとできない、さらには勿体無いといったようなネガティブに捉えられるようなワードを使う事、そして、名前を間違えたのがわざとであることも知っていました。

そんな彼に対して、私が嘆いても追い求めても効果はないのです。

自身がある男は、おんんが来るのが当たり前と思っている。

だから私は、彼の前でわざと違う男性とトレーニンをし始めたのです。

その結果、彼が嫉妬とプライドが影響して私の所にまた戻ってきたのは言うまでもありません。